計画的に風俗を利用

気持ちを忘れないために風俗

満足感や最高の気持ち。その気持ちを忘れてはならないなって思っていますので、風俗に対しては常に感謝の気持ちを忘れないようにとの意識は働いています。むしろその気持ちを持たなければ風俗での満足度も思った程にならないかなと。分かったんですよ。風俗だってやっぱり人間同士のコミュニケーションというか、自分次第な部分もあると思うんです。だってこっちの態度で相手の風俗嬢の気持ちだって微妙に変わっていくと思うんですよ。それは悪いことではなく、むしろ当然のことだと思うんです。だからじっくりと楽しむためには、自分の気持ちもしっかりと持つということ。これが何よりも大切になってくるんじゃないのかなと思いますので、風俗で遊ぶ時には自分自身、相手のことをちゃんと考えるようにとは心掛けています。それだけでもやっぱり全然違うものなんですよ。本当にちょっとしたことかもしれないんですけど、でもそれを心掛けるだけでも自分の気持ちは全然違うものだなってことに気付かされるというか。

心の拠り所としても「あり」です

実際に遊んでみても楽しいのは間違いないんですけど、それだけじゃないのも事実というか、いろんな楽しさがあるのもまた、風俗の素晴らしさなんじゃないのかなって思うんですよね。特に精神的な面でのメリットも大きいんじゃないのかなって思うんです。というのも、風俗があるからこそ、心の拠り所というか「別にモテなくても良い」「遊び相手がいなくても良い」とか開き直れるじゃないですか(笑)自分もそうですよ。風俗があるから別に恋人なんていなくて良いよなって気持ちになれるんですよ。恋人がいないとまるでさも悪いことをしているかのような視線で見られることもありますし、「この人寂しくないのかな」みたいな憐みの視線を向けられることもありますけど、全然平気です。だって女の子と遊びたいなって思ったら遊びたい時だけ風俗で抜いてもらえばよいんです。自分の生活のリズムを乱すような存在は必要ないって割り切ることが出来るのも風俗のおかげですよ。